打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審議の真偽!?

02102801okabeMT045A27s.jpg

岡部騎手の引退に伴い、先日『岡部幸雄騎手引退記念』と名の打ったRが施行された。今までの功績を称えてのものだろうが、JRAにしては珍しい企画。何か他に意図があるのだろうか。
この話は置き、このRではオカシナ事が起こった。
決勝線手前、インセンティブガイ騎乗の四位が立ち上がる程の不利。加害馬(者)はフジサイレンス騎乗の五十嵐。PFを見る限り、降着も止むを得なし、と見ていたが、それほど時間を要さず、そのまま確定。五十嵐騎手は過怠金70000円のみ。
平場のR、下手をすればG1でもこの騎乗は降着だっただろうが、さすがに岡部騎手引退記念のRでそんな汚点は作れない。JRAの本性が見え隠れするRでもあった…
もちろん翌日の各スポーツ紙HPでは審議がされていた事すらスルー。
しかし面白いのがその翌々週。フジサイレンスが前走と同舞台(同距離)のダービー卿CTに出走して来たのだが、岡部騎手引退記念のRと同じ馬番10にJRAは入れて来た。
これは一言で言えば飛ばすための意図的処置。長くなりそうなのでこれらの詳しい話はまた随時更新予定。

打倒JRA 別館 ←BBS設けました。入室PASSが欲しい方は管理人までメール下さい。
スポンサーサイト

CM・ポスターが持つ本当の意味

sakuras.jpg

JRAはG1施行週に宣伝を流す。TVCM、及びポスターなど様々な手段を使って告知して来る。
この告知をどう捉えるかは人其々だが、競馬ファンの購買意欲をそそる意味も含まれているのだろう。だがJRAは近年売り上げ低下に悩まされている。確かに不景気の影響もあるはずだが、
その中で伸びている企業も多々存在している。一概に不景気だけが原因と言っては駄目。
そこでJRAが一番欲しいものは、既存の競馬ファン人口の維持ではなく新しい競馬ファン
新たに競馬人口を根付かす為には、まず競馬場に足を運んで貰わない事には何も生まれない。
そして、ここからが一番重要。初めて足を運ぶ競馬ファン予備軍に、どうしても初めて買うG1で、
馬券を的中して貰わない事には、固定ファンには成り得ないのである。
初心者は同行競馬がほとんどだが、人の行動を真似するのが嫌いな日本人。
頼りにするのは自分の閃きと直感。そしていつもTVで見ている、 CM 
そして目の前に貼られている ポスター 
JRAは間違いなく サブリミナル 効果、及び馬券的中へのサインを
送りつけている。その解読が馬券的中への一番の近道かも知れない。

打倒JRA!! 別館 ←BBS設けました。入室PASSが欲しい方はメール下さい。

馬主の格の重要性

馬に格(クラス)が存在している様に、馬主にも格がある。
全重賞、特に 日本ダービー 天皇賞 など格式の高いG1では、馬主の格が物を言う
又、クラシックRを予想する際、生産者、馬主系は最重要事項と位置づけて良い程予想する上で、とても重要な役割を担う。 話を本題に…今週のNZTにミスターケビンが参戦する。
藤沢厩舎の期待馬で巷ではタイキシャトル級の器と評価している方もおり、Rをしっかり見てはいないが、とても強い走りを見せたのだろう。
しかし馬主と言う観点から見ると、フィールズ株式会社代表取締役社長・山本英俊氏は
新規参入馬主でミスターケビンの他にはレイジ(父サンデーサイレンス)の1頭しか所有していない。
そのレイジはと言うと未だ出走はなし。 JRAは新規参入馬主には厳しい印象がある。
元々パチの成金で、税遁れからの競走馬購入かも知れない。
JRAが簡単に重賞をプレゼントするとは考えにくい。

人気blogランキング参加中 押してやって下さい