打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念 回顧

hr-050627-1s.jpg

◆払戻金◆
単勝(11)3850円
複勝(11)680円(4)400円(6)160円
枠連(3-6)6740円
馬連(4-11)1万1390円
馬単(11-4)2万8280円
ワイド(4-11)2920円(6-11)1560円(4-6)810円
3連複(4-6-11)1万6320円
3連単(11-4-6)17万8840円
※着順と払戻金は主催者発表をご確認ください。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念 回顧”の続きを読む】
スポンサーサイト

宝塚記念  ~結論~

tappus.jpg

タップダンスシチーが1番人気。そして2番人気にゼンノロブロイ。
私はゼンノロブロイ、そして4歳牡馬は嫌った。
勿論▲単穴にはJRAカレンダーが示唆する14番スティルインラブを。
しかし今日のメイン競走。3場全てで1枠1番に配置された馬が1番人気に推され。
そして馬券圏外へと沈んだ。
そして3場全てで外1番、大外配置馬が馬券に絡むと言った面白い結果を見た。
とりあえず宝塚記念の結論を、、、、
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念  ~結論~”の続きを読む】

【Musical Baton】

競馬初心者もとりんの競馬日記 略して「MOTOLOG」 の管理人様から、
Musical Batonなるものが届きました。

【Musical Baton】

★コンピュータに入ってる音楽ファイルの容量
6GBぐらいでしょうか。

★最後に買ったCD
憶えていません、、、

★よく聞く、または特別な思い入れのある5曲
サザンオールスターズ・Ya Ya(あの時代(とき)を忘れない)

★バトンを渡す5人
うまたま さん
フサイチBLOG さん
日刊!テリー伊藤の痛快スポーツニュース さん
JRA 村山 明騎手 の日記 さん
後藤浩輝騎手と共にJRAをシメてゆくブログ さん

今日の夜に宝塚記念の記事を更新します。

宝塚記念  ~枠順確定~

takaradukas.jpg

タップが昨年に続いての大外枠配置。
そして大内にこれもまた昨年同様、シルクフェイマスが配置された。
気になるゼンノロブロイは4枠6番。
喪章を付けた騎手をまさか4枠に入れて来るとは思わなかった。
ゼンノロブロイをバッサリ消すか、それとも3着辺りに食い込む事を
考慮し多少おさえるか、これがこのレースのポイントだと感じていた。
タップ-ロブロイの組み合わせは考えにくい、やはりどちらかを
囮と捉えるのが無難であり、得策。
私はゼンノロブロイの方を、4枠配置で囮と見た。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念  ~枠順確定~”の続きを読む】

宝塚記念  ~生産者と今年の流れ~

世代間の闘い、、そして世代交代
先週から3歳馬と古馬の闘いが始まり、そして新馬戦がスタートした。
誰が言ったのかは忘れたが、こんな言葉もある。
『サラブレットとは進化していくもの』
正直この意見には素直に賛同出来ないが、
近年の生育施設、調教施設の充実には目を見張るものがある。
競走馬が育つ環境、そして調整法、馬具など、これら外部の要因が
ここまで馬を進化させたのかも知れない。
そして今まで一線級で活躍していた競走馬が、新しい世代の馬の前に敗れる。
今までそんな競馬は何度も見て来た。

だが今年はどうだろうか。
今年の中長距離古馬G2、そしてFSを除いたG1戦の成績を纏めて見てみたが、
今年は異例な年。 とりあえず見て頂きたい。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念  ~生産者と今年の流れ~”の続きを読む】

宝塚記念 ゼンノロブロイ考察

産経スポーツ 2005年 3月26日付の記事です。

【 平成16年の年度代表馬ゼンノロブロイ、社台へ金銭譲渡 】

平成16年の年度代表馬ゼンノロブロイ(美・藤沢和、牡5)の
所有権の50%がオーナーの大迫忍氏から、
社台グループ(吉田照哉氏25%、吉田勝己氏25%)に
金銭譲渡されていることが明らかになった
金額は未公表)。

今後、白老ファーム(社台グループ)の生産馬である ゼンノロブロイは、
規定によりマル市の表記が外されることになった。

ゼンノロブロイは今季、宝塚記念(6月26日、阪神、GI、芝2200メートル)
で復帰し、その後英国のインターナショナルS(8月16日、ヨーク、GI、芝2080メートル)
に挑戦。秋は昨年同様、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念の3戦が予定されている。

社台グループが50%の権利を保有したことにより、
引退後は北海道早来町の社台スタリオンステーションで種牡馬となることが確実になった。



と言う事であるが、皆様はこのNEWS、覚えておられるだろうか!?
敢て強調すべきところは色を変えてみた。
宝塚記念を予想する上でこの出来事は無視出来ない。
と言うよりも、絶対に無視しては駄目な出来事。
この出来事から何が分かるのか、、、、、
今日はここからゼンノロブロイの考察に入ります。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念 ゼンノロブロイ考察”の続きを読む】

オグリコールが教えてくれた

JRAは何故これ程までに有名になったのか、、、、
馬主の間では、1990年、91年とJRAのイメージキャラクターを務めた
柳葉敏郎氏、賀来千賀子氏のお陰。と謳う声は多いが、、
そんなわけはない。
オグリキャップと武豊のお陰。これに異論を唱える方はいないであろう。

オグリのラストラン、有馬記念。
そこで見せた奇蹟の復活劇、、そして場内からはオグリコール。
競馬=ギャンブル のイメージから 競馬=感動(ロマン) へとJRAは巧みに世間の
意識を操った。 さすがJRAと言うべきか。
そして翌々年、JRAのイメージキャラクターに破格のギャラで高倉健氏を
起用し、競馬に対する世間のイメージはクリーンなものとなって行った。

しかしこの流れ、、、オグリのラストランである有馬記念。
そこで奇蹟の勝利がなければ、、、どうだっただろう。
たらればを述べても仕方がないが、、
オグリ復活勝利と敗戦では、雲泥の差。
これは有名な話だが、、、
オグリのラストラン有馬記念      勝ち時計 2分34秒2
同日の同距離で行われた条件戦   勝ち時計 2分33秒6

競馬は時計じゃない、そんな事は重々承知している。
しかし、、、、、
オグリのラストランは八百長である
間違いないと断言しよう。     ( 注意 ウイルスメールは勘弁して下さい )
今日はこの競走からJRAの本質を紐解いて行こうかと思います。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“オグリコールが教えてくれた”の続きを読む】

宝塚記念  ポスター編

posters.jpg

ポスターコピー ≪君こそスター馬!≫

小生、ポスターサインは専門分野ではないが、書いてみました。
とりあえず、このポスターにサインがあると考えるのならば、、
普通に考えればファン投票一位に推されたゼンノロブロイの事を示唆しているのだろう。
スターは当たり前だが人気あってこそスター。
となるとファン投票一位の馬を示唆していると考えられる。
ただこれは到って単純な考え方。

実はもう一頭思い当たる馬がいる。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念  ポスター編”の続きを読む】

回顧

阪神11R プロキオンS  
◎ 12 スリージェム      6着
○ 10 テイエムアクション  3着 
▲ 14 タイギャラント     7着
△ 15 サンライズキング    2着


福島11R バーデンバーデンC  
◎ 12 シルキーラグーン   1着


函館11R 新・函館市誕生記念  
◎ 02 サムソンハッピー    5着


カレンダーは今週も使用されなかった。
来週の宝塚記念、どうも14頭以上頭数が揃いそうなので何よりです。
とりあえず明日から宝塚記念の考察にうつります。
明日はゼンノロブロイ、火曜日か水曜日に今年の流れについての記事を更新します。

banner_04.gif

競馬人気ブログランキングです。ワンクリックお願いします。

6月19日  競馬考察

pic_0325s.jpg

今日は競馬場まで行って来ました。
それにしても6月にしては異様に暑いと感じるのは私だけでしょうか。

しかし今日一つ驚いたのは接触馬番が馬券によく入るな、と。
全場36R中、半分もの18Rで連番が馬券対象に。
そして買って来ました、タイギャラントからの馬単流し。そして単勝。
ただこれだけでは心許無い。当然明日買い足します。
とりあえず明日の三場メイン競走の印を。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“6月19日  競馬考察”の続きを読む】

6月18日 競馬考察 

プロキオンS 出馬表
tais.jpg

宝塚記念、下手をすれば14頭にも満たない頭数で繰り広げられそうな競走。
となると、狙うはここプロキオンしかない、と満を持して待っていたのだが。

14番に配置されたのはタイギャラント
この事実を受け止めるのに少し時間を要したが、何の事はない。
どんな馬が14番に配置されようとも
プロキオンSで馬番14の馬を頭で買おうと決めていた。
勿論頭で行く。馬単、単勝。
もし此処で来なければ宝塚記念、内14を馬券の本線に組み立てるのみ。
そして勿論、14頭以上頭数が揃う事を祈るのみである。

何の話か分からない方は JRAの有料物 ← こちらを御覧下さい。
とりあえず明日の競馬考察を、、、、
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“6月18日 競馬考察 ”の続きを読む】

お知らせ

このブログですが、皆さんご承知の通り、予想メインのブログではありません。
JRAについて日々綴っているとでも言いましょうか。
ただこう言った類のブログはとても共感して頂ける方も多ければ、
その逆によく思わない方も多い。気を害する方も多い。
それは重々承知しております。 
関係者の方、サラブレッドが大好きな方から見れば、良く思わない事ばかりでしょう。
ただ私も馬は大好きですし、サラブレッドのゼッケンなども無駄に4つも所有しています。
実際競馬はとても好きです。

ただ競馬にはこう言った見方もあると言う事は分かって頂けていると思います。
もう少し自分に文章力があれば、伝わり方も違ったとは思いますが、
現状ではこれが精一杯です。

ですがJRAには様々な謎があります。
金曜日の夜からジョッキーを缶詰にしなければならない調整ルーム
一体そこでどの様な密談が行われているのか。
はたまた何故、トレセンを山間地に設置しなければならなかったのか
謎は多いです。

このブログを読んだ事を機に、一緒にJRAと闘って下さる方が現われれば光栄です。
よく競馬とは周りの馬券購入者との戦い、と言われますが、
そんなわけはありません。
相手はJRAであり、JRAの罠に引っ掛からない様に予想をする自分自身との
闘いなのです。
そんな想いから開設に到った、『打倒JRA!!』 この調子でいくと、
来週の今日には10万アクセスを突破しそうな雰囲気です。

記事の感想などメールを下さる方、いつもランキングにクリックして下さる方、
この文はおかしい。など、指摘下さる方。いつも有難う御座います。
まだ先の話しですが、宝塚記念前日にあるお知らせがありますので、
早いですが事前にその事だけお知らせする為に、新たに記事を設けました。
書き出せば止まらない、文が長くなりすぎるのが欠点ですが、
これからもよろしくお願いします。
ちなみに宝塚記念に関しては月~土、一週間かけて裏側から予想していくつもりです。
月曜日にはゼンノロブロイの金銭譲渡の話しを更新予定。

明日の競馬考察については簡単になりますが、今日の夜に更新します。
banner_04.gif

競馬人気ブログランキングです。ワンクリックお願いします。

異常投票 第三編

異常投票   異常投票 第二編
今回の異常投票 第三編で完結予定のはずが、纏められませんでした。

まず、以前にも書いたが異常投票は大きく三つに分けられる。
1、JRAのオッズ操作
2、一般ファンのリアルな大量購入
3、馬主など関係者による大量購入

とりあえずこれらの説明を、、
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“異常投票 第三編”の続きを読む】

隠されたもう一つの降着劇

1991年、10月27日 東京競馬場  ここで事件は起こった

単勝1,9倍、断然の1番人気、鞍上武豊 調教師池江泰郎
馬名 メジロマックイーン
競馬ファンはこれだけあれば簡単に思い出す事が出来るであろう。

『1着入線のメジロマックイーンが18着降着』

ただこれは誰の目から見ても明らかな降着だった。
こんなものは大した問題でもない。
一番の問題それは、、、、

2着 カリブソング ハナの差 3着 カミノクレッセ

記録上にはこう記されているが、、、、

実は2,3着は逆だったのである。
当時のレース映像を見て頂ければ眼の良い競馬ファンなら誰でも分かる。
完全な誤審。いや誤審と言うより、 明らかな確審。

では何故、2着がカリブソングでなければならなかったのか
これがこのレースの最重要ポイントなのは言うまでもない。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“隠されたもう一つの降着劇”の続きを読む】

平場での出走取消が教えるメイン競走で消せる馬

お蔭様で競馬ブログランキングTOP10に入れました。
アクセスして下さり、更にはクリックして下さった皆様にはとても感謝しております。
正直ブログランキングの中でも異彩を放っているこの予想法。
それが受け入れて貰えるかどうか半信半疑でした。
しかしやはり皆様も、少しはJRAに不信感を抱いている。
その結果なのかも知れません。

出走取消になると馬券の返還がある。
しかし何故か枠連の返還はない。確かに当然と言えば当然ですが、
例えば連勝中の圧倒的1番人気馬と障害帰りの最低人気馬が同枠配置される。
5枠としましょう。
その5枠から流している方は、その1番人気馬が発売後取消をされたら、もうそこで紙屑同然に。
こんな理不尽なものはありません。
そんな些細な事を機に。この予想法に変更しました。
サインスパイス型です。
どうもJRAはファンに厳しい印象があります。
公営競技である競馬の真の目的は、国、自治体にお金を運ぶ。
こう考えるとマスコミが流す情報、JRAの企画は全く信用出来ません。
ファン以上に馬主あってのJRAなのですから。

始めて訪れる方もこれから多いと思うので、出来れば
カテゴリーのJRAの謎を読んで頂けると光栄です。
今日はTOP10入りを皆様に感謝し、
一つ、メイン競走で確実に消せる馬を紹介します。
平場での出走取消が教えるメイン競走で消せる馬
とこんな長い題を付けましたが、これでも短く纏めた方です。
きっと参考になってくれると思います。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“平場での出走取消が教えるメイン競走で消せる馬”の続きを読む】

お知らせ

先程レイアウト変更すると言いましたが、当たり前の事を忘れてました。
そのPCの解像度により見え方が違いますね。
黒をベースに文字を白とも考えていましたが、もう一台のPCで確かめるととても
見え難かった。
と言う事で、今迄通りこのデザイン、テンプレートで行こうと思いますので
よろしくお願いします。

banner_04.gif

後少しでBEST10入り。お願いします

6月12日  回顧


banner_04.gif
↑ お願いします。

ファルコンS
1着 カズサライン
2着 フェリシア
3着 シンボリグラン
馬連(1)(17)2万7260円
馬単(17)(1)6万8610円

エプソムC
1着 スズノマーチ
2着 グランリーオ
3着 ダイワレイダース
馬連(1)(2)4760円
馬単(1)(2)1万11360円
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“6月12日  回顧”の続きを読む】

エプソムC  ファルコンS 予想

kjikoks.jpg

banner_04.gif
↑ お願いします。

明日のエプソムCも金子馬が断然の支持を集めている模様。
ただ今回は買わない。理由はリンクさせて頂いている
ファンタジスタの競馬日記の管理人様の書かれた
『やっぱり怪しい』の記事と同じ見解なので割愛します。
とりあえず印を、、、
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“エプソムC  ファルコンS 予想”の続きを読む】

6月11日  競馬考察Ⅱ

banner_04.gif
↑ お願いします。

先程は簡単に纏めたので続きを、、
そう言えば日曜日に施行されるファルコンS、偶数馬番に低オッズが
予想される馬が多く配置された。
あまり強力なものではないが意外と知られていない確率の話しがあるので、
明日詳しく紹介します。では明日の東京の予想を。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“6月11日  競馬考察Ⅱ”の続きを読む】

6月11日  競馬考察

banner_04.gif
↑お願いします。

安田記念も終わり、春のG1戦も残すは
2週間後に迫った宝塚記念のみとなったわけだが、、、
今週の注目レースは何と言っても荒れてくれそうなファルコンステークス。
そして世間で話題の金子馬が断然の支持を集めるであろう、エプソムC。
とても楽しみなレース。
だが明日はそれ以上に楽しみなアジアウィーク
とりあえず明日の競馬考察を、、、
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“6月11日  競馬考察”の続きを読む】

不可解なファン投票

kekka-touhyous.jpg

第46回 宝塚記念のファン投票の結果が発表された。
1位は何とゼンノロブロイ
そして2位に無敗で東京優駿を制したディープインパクト
投票期間が6月1日(水)まで、、日本ダービーが施行されたのが5月29日。
勿論、ディープインパクトが宝塚記念に出走する可能性は極めて低かった。
ただネオユニヴァースの様な例もある。
ディープインパクトが1位になると思っていたのだが、、、

JRAとしては上半期の総決算である宝塚記念。
ここにファン投票1位の馬が出走しない、と言う事態だけは
避けたかったのだろうか、、、、ただこれは誰の目にも判るランキング操作。
私達ファンの投票は何だったのか、、、

banner_04.gif
↑お願いします。

マネーゲーム

banner_04.gif
↑お願いします。

JRAの賞金は世界と比較して群を抜いて高額である。

もう引退してしまったがエメラルドアイルと言う馬。
1000万下クラスに在籍しながらも1億1千万もの賞金を稼ぎ出した。
30戦5勝 2着12回 この成績を見て頂ければ納得いく方も多いとは思うが、、、

要するに何が言いたいのかと言うと、条件戦でこれだけ賞金が高いと言うのが
問題だと言う事。もう直クラス編成の時期が訪れる、、、、
それまでの間、準OP、1000万下の条件戦は荒れに荒れる。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“マネーゲーム”の続きを読む】

JRAの有料物

banner_04.gif
↑お願いします。

皐月賞 ~サイン編~ 
で書いたが、、、有料カレンダーサインと言うものがある。
月捲りカレンダーなので毎月掲載写真は変わるのだが、、、
実は例外なく、、、
毎月そのカレンダーが映すゼッケン番号を付けた馬が重賞で勝利を収める。
とりあえず詳細を、、
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“JRAの有料物”の続きを読む】

安田記念  ~回顧~

20050605182659s.jpg

banner_04.gif

◆払戻金◆
単勝(7)1230円
複勝(7)420円(11)640円(12)390円
枠連(4-6)3160円
馬連(7-11)1万3990円
馬単(7-11)2万4640円
ワイド(7-11)4270円(7-12)2540円(11-12)4540円
3連複(7-11-12)8万600円
3連単(7-11-12)46万5840円
※払戻金と着順は主催者発表をご確認してください。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“安田記念  ~回顧~”の続きを読む】

愛知杯

aichis.jpg

banner_04.gif

愛知杯予想にあたって、新たに記事を設けました。
こちらも配当面で妙味溢れる一戦。
とてもとても長くまとまりのない見解ですが、予想はこうでました。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“愛知杯”の続きを読む】

安田記念

doyoubis.jpg

banner_04.gif

実力伯仲の大混戦。
オッズがそう示している。
ただ予想する上、サインをスパイスしている人間にとって
これだけオッズが割れてくれるのは非常に有り難い。
とりあえずは結論と今日の予想結果を。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“安田記念”の続きを読む】

6月4日  ~競馬考察~

yasuda123s.jpg

安田記念の枠順が確定。
今週から府中はAコース使用。
どの様な馬場形態になっているのか注目しておきたいところ。
安田記念の話しは明日にして、とりあえず明日の簡単な予想を。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“6月4日  ~競馬考察~”の続きを読む】

JRAへの貢献

game1s.jpg

banner_04.gif

日本の馬事文化に貢献したと言えば、、過去の受賞者に
週刊ギャロップ編集部、などが挙げられるが実際のところはどうだろう。
確かに貢献と言えば貢献と言えるが、あくまで表向きに貢献したと言える方々。
やはりJRAにとっては
沢山の馬を購入し、JRA主催の競馬場で走らせてくれる馬主様が一番なのは
いつもこのブログで述べている通りである。

しかし、、、新規競馬ファン開拓に最も貢献した人、、それはこの方しか考えられない。
それは Derby Stallion と言うゲームソフトを開発し、販売した薗部博之
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“JRAへの貢献”の続きを読む】

安田記念 ~考察~

yasudakinens.jpg

安田記念を予想する上、厄介なのは、、
わけの分からない香港馬3頭の取捨選択。
ただ多少の人気はするだろう。日本の競馬ファンの頭には
やはり未だにオリエンタルエクスプレス、フェアリーキングプローンの
好走が強く印象に残っているはず。
しかし当時の状況と現在の状況を比較すると、、香港馬は買い難いと
言うのが正直なところ。
買えるのはJRAが敬意を払わざるを得ない、、サイレントウィットネスぐらいか、、、
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“安田記念 ~考察~”の続きを読む】

異常投票  第二編

kings.jpg

今週は安田記念が施行されるわけだが、、
注目は何と言っても香港馬サイレントウィットネスの参戦。
過去にこの競走、香港馬ではフェアリーキングプローンが
勝利を収めてはいるのだが、、
思い出して欲しいのが、アラン調教師の馬券購入問題。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“異常投票  第二編”の続きを読む】