打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オグリコールが教えてくれた

JRAは何故これ程までに有名になったのか、、、、
馬主の間では、1990年、91年とJRAのイメージキャラクターを務めた
柳葉敏郎氏、賀来千賀子氏のお陰。と謳う声は多いが、、
そんなわけはない。
オグリキャップと武豊のお陰。これに異論を唱える方はいないであろう。

オグリのラストラン、有馬記念。
そこで見せた奇蹟の復活劇、、そして場内からはオグリコール。
競馬=ギャンブル のイメージから 競馬=感動(ロマン) へとJRAは巧みに世間の
意識を操った。 さすがJRAと言うべきか。
そして翌々年、JRAのイメージキャラクターに破格のギャラで高倉健氏を
起用し、競馬に対する世間のイメージはクリーンなものとなって行った。

しかしこの流れ、、、オグリのラストランである有馬記念。
そこで奇蹟の勝利がなければ、、、どうだっただろう。
たらればを述べても仕方がないが、、
オグリ復活勝利と敗戦では、雲泥の差。
これは有名な話だが、、、
オグリのラストラン有馬記念      勝ち時計 2分34秒2
同日の同距離で行われた条件戦   勝ち時計 2分33秒6

競馬は時計じゃない、そんな事は重々承知している。
しかし、、、、、
オグリのラストランは八百長である
間違いないと断言しよう。     ( 注意 ウイルスメールは勘弁して下さい )
今日はこの競走からJRAの本質を紐解いて行こうかと思います。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“オグリコールが教えてくれた”の続きを読む】
スポンサーサイト