打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念 ゼンノロブロイ考察

産経スポーツ 2005年 3月26日付の記事です。

【 平成16年の年度代表馬ゼンノロブロイ、社台へ金銭譲渡 】

平成16年の年度代表馬ゼンノロブロイ(美・藤沢和、牡5)の
所有権の50%がオーナーの大迫忍氏から、
社台グループ(吉田照哉氏25%、吉田勝己氏25%)に
金銭譲渡されていることが明らかになった
金額は未公表)。

今後、白老ファーム(社台グループ)の生産馬である ゼンノロブロイは、
規定によりマル市の表記が外されることになった。

ゼンノロブロイは今季、宝塚記念(6月26日、阪神、GI、芝2200メートル)
で復帰し、その後英国のインターナショナルS(8月16日、ヨーク、GI、芝2080メートル)
に挑戦。秋は昨年同様、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念の3戦が予定されている。

社台グループが50%の権利を保有したことにより、
引退後は北海道早来町の社台スタリオンステーションで種牡馬となることが確実になった。



と言う事であるが、皆様はこのNEWS、覚えておられるだろうか!?
敢て強調すべきところは色を変えてみた。
宝塚記念を予想する上でこの出来事は無視出来ない。
と言うよりも、絶対に無視しては駄目な出来事。
この出来事から何が分かるのか、、、、、
今日はここからゼンノロブロイの考察に入ります。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念 ゼンノロブロイ考察”の続きを読む】
スポンサーサイト