打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

衝撃と汚点とダノックス



ディープインパクトが最後にもまた、衝撃を残しターフを去った。
凱旋門賞≪失格≫と言う汚点を競馬史に刻みながらも、
主催者の過剰な演出、マスコミの異様な煽り、関係者の協力もあり、新規
競馬ファン獲得には多大な貢献をした同馬。
関係者一同、それは恐らく重々承知している。
インパクトただ一頭が綺麗に大外を駆け上がり、各馬何故か
内ラチに向かってごった返した引退レース。
日本競馬史最強馬。
いや、そんなベクトル上にはいない単なる客寄せパンダにしか見えなかった方も多多おられるはず。
あの有馬記念を見て何も感じない方は、当ブログを覗かれる様な方にはやはり少ないだろう。

インパクトがこの2年で刻んだ数々の偉業。
無敗の三冠、凱旋門賞挑戦、そしてルドルフに並ぶ七冠。
表向きは素晴らしい勲章ばかりだが、裏を見るとやはり競馬もマネーゲーム。
高橋理事が発した『汚点』 この言葉に全てが集約されている気がする…汚さしか見えない。

以前、当ブログで金子→HD化により金子没落は間違いないと記したが、
凱旋門賞失格によりそれは確定した。
レース後すぐに取り調べを受けていた調教師に馬主。
勝巳の耳に入る前に引退発表→何も知らない社台が勿論飛び付き総額51億のシンジゲート。
そしてその直後に薬物騒動→勝巳激怒。 【“衝撃と汚点とダノックス”の続きを読む】
スポンサーサイト