打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念  ~生産者と今年の流れ~

世代間の闘い、、そして世代交代
先週から3歳馬と古馬の闘いが始まり、そして新馬戦がスタートした。
誰が言ったのかは忘れたが、こんな言葉もある。
『サラブレットとは進化していくもの』
正直この意見には素直に賛同出来ないが、
近年の生育施設、調教施設の充実には目を見張るものがある。
競走馬が育つ環境、そして調整法、馬具など、これら外部の要因が
ここまで馬を進化させたのかも知れない。
そして今まで一線級で活躍していた競走馬が、新しい世代の馬の前に敗れる。
今までそんな競馬は何度も見て来た。

だが今年はどうだろうか。
今年の中長距離古馬G2、そしてFSを除いたG1戦の成績を纏めて見てみたが、
今年は異例な年。 とりあえず見て頂きたい。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】

AJCC    優勝 クラフトワーク
日経新春杯 優勝 サクラセンチュリー
京都記念   優勝 ナリタセンチュリー
中山記念   優勝 バランスオブゲーム
高松宮記念 優勝 アドマイヤマックス
阪神大賞典 優勝 マイソールサウンド
日経賞    優勝 ユキノサンロイヤル
大阪杯    優勝 サンライズペガサス
天皇賞春   優勝 スズカマンボ
京王杯    優勝 アサクサデンエン
目黒記念   優勝 オペラシチー
金鯱賞    優勝 タップダンスシチー
安田記念   優勝 アサクサデンエン

馬齢で
AJCC    5歳
日経新春杯 5歳
京都記念   6歳
中山記念   6歳
高松宮記念 5歳
阪神大賞典 6歳
日経賞    8歳
大阪杯    7歳
天皇賞春   4歳
京王杯    7歳
目黒記念   4歳
金鯱賞    8歳
安田記念   7歳

どうだろう。次世代を担うべきはずの4歳馬の優勝が二つ(天皇賞・春 目黒記念)しか見られない。
更にはユキノサンロイヤル、バランスオブゲーム、マイソールサウンドと言った古豪の活躍。

大橋巨泉氏ではないが、  年々馬のレベルは下がっている。
こう世間に解釈されても仕方がない惨状。
実際ユキノサンロイヤルには驚いた。


そして付け加えたいのが、クラシック戦線では社台生産馬の活躍目立っているが、
一方の古馬戦線ではご覧の様に、あまり強調出来るものでもない。
クラフトワーク、ナリタセンチュリー、そしてアドマイヤマックスの3騎のみ。
ファンタジスタの競馬日記の管理人様が書かれておられる様に、
この宝塚記念に関しては毎年例外なく社台生産馬の優勝はない。
これは偶然ではない。
以前の皐月賞 ~馬主・生産者編~の記事で少し触れたが、、
やはり日本の競馬会は社台中心。
その他の馬主・生産者は言わば順番。 同じG1競走ではあるが、
この宝塚記念と言うG1はそれ程格式の高いG1でもない。

ここを勝つのは非社台馬。

○今日
10万アクセスを達成しました。有難う御座います。
急いで書いたので纏まりのない文になっているかも知れません。
ご了承下さい。

banner_04.gif

競馬人気ブログランキングです。ワンクリックお願いします。
スポンサーサイト