打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

徒然呟き

sundaysilences.jpg
今世代がサンデーサイレンス産駒のラストクロップ。

今日ドリーム競馬を見て初めて知ったのだが、サンデーサイレンス最後の仔、
サベージレディーの03の馬名がハギノプリンセスに決まった模様。
どうしてもこの馬名を見ると、昨年引退したばかりのハギノプリンスを思い出してしまうが、
投票数1位で選ばれたのだから、気にしないでおこう。

今年も例年の如く、良血揃いのラインナップとなってはいるが、
私は世間で使われるニュアンスで言うと、不作に終わる。
そう思っている。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】

マスコミは ○○最後の大物 などと言う、大袈裟な表現を好み多用するが、
例えばノーザンテーストの様に評判倒れに終わる事しか見た事がない。
キコウシしかり、シティースケイプしかり、クリスザブレイヴしかり、、、

今年サンデーサイレンス産駒で注目されているのが
キャプテンベガ
アグネスサージャン
オンファイア

この辺りだろうか。
キャプテンベガは近藤氏が社台とのベガ契約が切れ、
馬主に吉田和子氏。同馬の母親であるベガと同じバックボーンで
競走馬生活を送る事となったが、、、この馬の活躍はないと見ている。

敢て注目馬を挙げるとするならば、エリモフィナーレだろうか。
JRAに多大な貢献をしたエリモの最終便。
私はエリモファイナルをエリモ最終便と勘違いして、新馬戦から
優駿牝馬まで、常に単勝馬券を購入してはいたが、
無駄な投資だった様、、、
今度こそ最後であろうエリモフィナーレ。
こう言う馬こそ追い続けて価値があると思っている。

以前にも書いたが、近年サンデー系の異常な程の繁栄で、
毎年産まれて来るサラブレッドの5分の1でしたか、、、
それ程の割合でサンデー系の馬が新たに産まれて来る。
このまま行くと日本競馬が衰退していくのはJRAなら重々承知している事だろう。
言ってしまえば来年のクラシックは、
サンデーサイレンス対他種牡馬の最後の闘い とも言える年。
此処で今年の様にサンデーサイレンスの圧勝に終わってしまえば、
今後の競馬に対する興味は薄れてしまうのが結末。
翌年にはもう現われない新たなるサンデー産駒。
そのサンデーのラストクロップに、クラシック舞台での活躍は用意されてはいない。
来年以降のJRAの繁栄に繋がる結果が用意されている。
私はそう考えている。
スポンサーサイト