打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皐月賞  ~騎手・調教師編~

今日は、騎手・調教師と言う観点から皐月賞を占ってみる。
まず安藤勝美騎手、この間のJRAはスキャンダルを嫌う!?でも書いた様に、
決定的な不安要素、スキャンダルが彼を栄光から遠ざける
先週土曜日、NZTでピカレスクコートが人気で4着。これは序章に過ぎない。
今年一年安藤勝美を重賞では絶対に、頭で購入してはいけない
しかし、実は先週の競馬で面白い事が起こった。

【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】


先週の日曜日、阪神で桜花賞が施行される為、有力ジョッキーの
参戦が、あまり見られなかった中山開催6日目。
しかし噂の安藤勝美騎手、実は中山で騎乗をしていた。
桜花賞で乗る馬がいなかったのは事実だが、実績ある騎手、頼めば何とでもなったと
思わないだろうか。これは一言で、皐月賞の為の下見と断言して良い。
土曜日には武騎手が、勝ち目なしのセイウンプレジャー(NZT)騎乗を口実に
中山競馬に参戦して来たわけだが、こう言った場合、陣営(騎手含む)のRにかける勝負気配
を読み解く事が出来る。

今回のローゼンクロイツ陣営は、ここ皐月賞に勝負をかけて来ていると判断して
良いのではないだろうか。恐らく渾身の仕上げで挑んでくるであろう今回。
多少人気はするだろう。しかし騎手に問題があるが故、馬の能力度外視で、危険な人気馬と
なってしまう。出来れば人気をするだけして欲しい。
ローゼンクロイツがディープインパクトを負かす可能性は、ない

他で気になる事と言えば、優先出走権があるにも関わらず、ペンジャミンSに武を確保し
登録しているトップガンジョー。陣営は距離の不安も、
(ちなみに距離適正と言うのは評論家が作り出したデタラメ。確かに多少、スタミナの有る無しはあるが、競走馬は条件により適距離と言うものは変動する。)
もちろんあるが、皐月では入着すら難しいと判断しているのではないだろうか。
とりあえず、ペンジャミンSで賞金加算と言う算段か。

しかしこのR、ビッグプラネット騎乗の柴田善臣、この騎手の出方でレース展開は決まる。
G1の晴れ舞台、さぁ、どう乗るのでしょうか、、、、

(補足)
G1当日となると、多くの大物馬主が競馬場に足を運ぶ。
その為、久々に競馬場に足を運ぶ大馬主の為に用意された馬。すなわち、渾身の仕上げを施した
にも関わらず、マスメディアには嘘の情報を流し、違った意味でのオッズ操作を敢行。
世間一般で言われる伏兵馬の台頭も多く発生する。
締め切り直前オッズには細心の注意が必要。馬主による大量購入の可能性が高い。
もちろん、馬主の大量購入はJRAがソースを確認している為、不条理に出走取消、もしくは飛ばされる危険性は極めて少ない。
ただG1当日となると、騎手の馬場読み騎乗(試し乗り)も多く存在する。
G1当日、G1施行競馬場でのメインR以外の勝負は、全くオススメ出来ない。


打倒JRA!! 別館 
BBS設けました。PASSが欲しい方は管理人までメール下さい。
                  
人気blogランキング 
↑↑何卒!!!クリックお願い致します!!↑↑
現在☆48☆位まで急上昇。ご協力有難う御座います。

p,s 正さん、いつもお世話になっております。
    おかしな点がありましたら、どんどん指摘してやって下さい。
スポンサーサイト