打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで盛り上がるか日本ダービー

最近驚いた事がある。
友人と会話していた時の事、
ディープインパクトと発言しても映画のタイトルとしか認知していない方が
何故か非常に多い。
今年の皐月賞、ニュースター誕生で競馬ファンは大いに湧いていたはず。
もちろんマスコミも大袈裟に取り上げ、全国でフィーバーを起こしているはず。
そんな考えは確かに間違いではなかった。
しかし盛り上がっていたのは正味競馬ファンだけ。
皐月賞、フジTVの視聴率が6,4%
翌日のスポーツ紙の一面は何と横峰さくら
清原500本塁打ならまだ頷ける。
阪神サヨナラ勝ちなら、古田2000本安打なら、当然頷ける。
だが一面を奪われたのは横峰さくら
もちろんゴルフを否定しているわけではないが、
ここまで競馬人気は衰退したのか、と感じたもの。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】

ただ日本ダービー翌日は余程の事がない限り、一面を飾るだろう。
それは例えディープが飛んでも、ディープが圧勝しても。
見出しの文字は容易に想像がつく。
ただJRA、企業側から見れば人気回復を狙うにはここ日本ダービーしかない。
レコルトもJRAからの要請でNHKマイルを取り止め、盛り上げに一役買おうと
日本ダービー出走を表明した。
もしかすればNHKマイルCの勝馬も、JRAから要請され日本ダービー参戦を
表明するかも知れない。
それだけ今回の日本ダービーはJRAにとって今後を担うレースとも言える。

皐月賞時のポスターのキャッチコピーが『晴れの日でありますよーに』
今年のダービーこそ、JRAが晴れて欲しいと願っているかも知れない。

【補足】
ちなみにこう言った具合に要請を受け受諾した陣営・馬主の馬がその後数週間、
何故か面白い様に穴をあけるパターンが目に付く。
思い返せば昨年の北九州記念。
小倉の盛り上げに一役買うためにJRAから要請を受けた
スティルインラブが同レースに参戦した。
その翌週、翌々週にはノースヒルズの激走が目立ったもの。
覚えておいて損はありません。

人気blogランキング 
↑↑何卒!!!!!クリックお願い致します!!↑↑
現在☆41☆位まで急降下。ご協力お願いします。


スポンサーサイト