打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘故障

0107093s.jpg

故障と言っても一括りには出来ない。
屈腱炎、、骨折、、喉鳴り、、、、、
まだまだたくさんの病、怪我がサラブレッドには存在する。

私達素人には見た目では判断出来ない故障も多々存在する。

そうここが問題、分からないから嘘を付く。
まして馬主が見たところで何が分かるのだろうか、、、
走らない馬を馬房確保の為、故障と偽り牧場へ帰す。
実績馬の名誉を傷付けさせないが為、故障と偽り引退させる。

近年、JRAでは有力馬の早期離脱、早期引退が目につく。
だが世界に目を向けてみると、逆にこれが当たり前。
三歳で競走馬生活に別れを告げるサラブレッドはとてもとても多い。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】

これは日本の競馬ファンが
有力馬の早期引退を認めない事が原因の一つかも知れない。
だがもう一つ、種牡馬としての価値が挙げられる。

例えばキングカメハメハ、、、、神戸新聞杯快勝後に引退。
その後、シンジゲート20億が組まれた、、、
もし天皇賞・秋に出走し見せ場なく敗れていたと仮定しよう。
4,5億減、評価は下らなかったのではなかろうか。

巷では高速馬場が故障の原因として挙げられているが、、
何度も言う様にJRAの監査官庁は農林水産省

高速馬場が原因で故障が相次いで起こっているのなら
天下の馬場造園家、、、何かしら処置は取るはず。
だが直す気配はサラサラない。

あるベテラン騎手の発言
『昔のボコボコ馬場に比べ、今の芝の生え揃った馬場は馬に対する負担が少ない

要するに、故障は馬場のせいではない と言う事。

そう考えると見えて来る、偽りの故障説

近年目立つ有力馬の早期引退。
種牡馬としての価値。 実績・名誉、、、、、
守らなければならないものが多過ぎて、嘘をついてしまう。
しかし多くの競馬ファンは見抜いている。



【補足】
キングカメハメハが嘘故障と言っているわけではありません。



アンケートがまだの方、一票投じて下さいませ。
繋がりにくい時間がある様です。その辺りはご了承を。


人気blogランキング 
↑↑何卒!!!!!クリックお願い致します!!↑↑
     現在18位   有難う御座います。

スポンサーサイト