打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日本ダービー  ~回顧 第二編~

20050529-02494335-jijp-spo-view-001s.jpg

ディープインパクトの単勝支持率 73.4% だった模様。
金子真人氏はこれで二年連続日本ダービー制覇。
英国では一国の宰相になるよりダービー馬のオーナーになるのは難しいと
言われてはいるが、、、
そのダービーを二年連続で獲った金子真人氏には素直に賛辞を
送るべきなのだろう、、、
しかしこれで競馬ブームに再び火が付いたと判断するのは
間違いではないだろうか、、、、
一通とても共感出来る内容のメールを頂いたので紹介させて頂きます。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】

>はじめまして『との』といいますいつも興味深く拝見させていただいてます。
>私のダービーを終えての感想ですが最近の競馬は全く面白味が無いという感じがします、
>もともと馬券代は観戦料と思っている自分ですが
>今日の日本ダービーを観てしばらく競馬と距離をおこうと決めました。
>あのレースを観て秋に何を期待すればよいのか?
>ディープの三冠は無事ならもう当たり前みたいで当たり前すぎて何もワクワクしません。
>武豊、社台、サンデーサイレンス、
>やはり完璧に揃い過ぎはつまらないですね。
>確かに強いスターホースが出て来たのはよいですが
>去年の秋のゼンノロブロイみたいにつまらないスターホースになる気がします。

とても共感致しました。

武豊、社台、サンデーサイレンス
確かにどれだけ強い馬が出現しても、競馬ではその馬が持つ
バックグラウンドがとても重要な役割を担っていると感じます。

仮にこのディープインパクトが、
鞍上 武豊以外の騎手 
生産者 社台系列以外の生産者 
父 サンデーサイレンス以外の種馬

であったとするならば、、この単勝支持率 73.4% と言う驚異的な数字は
生まれなかったと言うのは誰でも容易に想像出来るでしょう。

本当に強い馬を求めていた競馬ファン。
そこに突如現われたディープインパクトと言うサンデーサイレンスの最高傑作。
ファンの希望、そしてJRAの思惑が見事に合致したかに見える同馬の出現ではあるが、
とのさんの様に感じておられる方は多いのではないだろうか、、、、

何時の時代、何処の国においても、スターと言う存在は、、まれるものではなく、
気が付けばまれているものの様に感じます。
デビュー前からメディアに大きく取上げられ、図った様にラジオ短波杯の前週の
新馬戦でデビュー。そして出走する気は皆無も、、ラジオ短波に連闘登録し、
世間の注目を一心に浴びる。
そして二戦目の若駒S、、驚異的な走りでディープインパクトと言う名前は
一気に全国区に、、、、そして難なく一冠を奪取、、、
極め付けはダービー制覇前に府中に建てられたディープインパクト号の馬像

とりあえず残すは1冠。
神戸新聞杯から菊花賞と言うローテーションを歩むと思われるが、、、
どう言った謀をJRAは競馬ファンに見せてくれるのか、、、
新たなライバル出現のシナリオか、、、
それとも無敗での三冠制覇後故障発覚のシナリオか、、、、
そこに注目しつつも、、、、静かにディープインパクトを応援しようと思います。

人気blogランキング
↑↑何卒!!!!!クリックお願い致します!!↑↑
     現在13位   有難う御座います。




スポンサーサイト