打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

隠されたもう一つの降着劇

1991年、10月27日 東京競馬場  ここで事件は起こった

単勝1,9倍、断然の1番人気、鞍上武豊 調教師池江泰郎
馬名 メジロマックイーン
競馬ファンはこれだけあれば簡単に思い出す事が出来るであろう。

『1着入線のメジロマックイーンが18着降着』

ただこれは誰の目から見ても明らかな降着だった。
こんなものは大した問題でもない。
一番の問題それは、、、、

2着 カリブソング ハナの差 3着 カミノクレッセ

記録上にはこう記されているが、、、、

実は2,3着は逆だったのである。
当時のレース映像を見て頂ければ眼の良い競馬ファンなら誰でも分かる。
完全な誤審。いや誤審と言うより、 明らかな確審。

では何故、2着がカリブソングでなければならなかったのか
これがこのレースの最重要ポイントなのは言うまでもない。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】

この話しは意外に有名。
今でもカミノクレッセ2着論を唱えている人間は数知れない。

91年のJRA(日本中央競馬会)は改革年だった。
振り返ってみよう。
大きな改革が二つ、、
一つは、降着制度の導入 そしてもう一つ、馬連の導入

今では降着制度を知らないファンはいないと思うが、
この制度が設けられた当初、実は極僅かな人間しか認知していなかった。

JRAは何度も言う様に、公正競馬を前提に競馬開催を行っている。
なら何故、それまで降着制度を設けなかったのか、それは不思議でしょうがないが、
とにかくこの秋の天皇賞で初めて降着制度を知った方も多いかも知れない。
自身はこの競走、アピールレースと解釈している。
JRA(日本中央競馬会)は公正だ。
これを言いたかったレースなのだろう。

そして世間にJRAは最高のアピールをした。
『他馬に不利を与えた馬と騎手は失格となる。』
これを強烈に競馬ファンの脳裏にインプットさせるのが、
この降着の最大の狙いだったのは定かである。


寄り道してしまったが、
91年の10月から馬連が導入され、馬券全体の売り上げの8割ものシェアを
馬番連勝式が占めていた。

ここで一つ問題が起こった。

『何故8枠制度、そして枠連の発売を廃止しないのか』

こんな声。 確かに最もな意見である。
馬番連勝式が馬券総売り上げの大半のシェアを占め、
枠連の価値は稀薄化した。

しかしJRAには 絶対に8枠制度を崩せない ある理由が存在する。
(これは過去の記事で少し触れましたが、また後日詳細を掲載します。)


ここで91年 天皇賞秋の出馬表とレース結果を簡単に振り返ってみます。

 5枠 10番 プレクラスニー   1着
 7枠 14番 カリブソング    2着
 1枠 02番 カミノクレッセ    3着
       ・
       ・
 7枠 13番 メジロマックイーン 18着降着

 馬連 4,700円    枠連 560円    


敢て太字と下線で強調してみた。

要するに、枠連をファンに再認識させる必要があったのである。
理由は先程述べた様に、8枠制度廃止論を消し去る為。
そして枠連の重要さをファンに思い知らせる為。

その為には、
2着がメジロマックイーンと同枠配置のカリブソングでなければどうしてもならなかった


しかし柴田政人or南井克己がヘマをし、
JRAは2,3着を逆に判定せざるえなかった。

マックの降着で混乱と罵声が飛び交う府中競馬場。
電光掲示板に静かに映し出された2着14番の文字。
観衆の注目はマックの斜行シーン。
ここに完全犯罪は成立した。

当然この天皇賞秋の後、
8枠廃止論を訴える声が減り、枠連の売り上げが伸びたのは言うまでもありません。

【お知らせ】
今アンケート実施させて頂いておりますが、
どうも寄せて頂いたコメントを文字化けの為観る事が出来ません。
再度アンケート表貼り直しますのでよろしくお願いします。
明日は異常投票第三編、書ければ更新します。

banner_04.gif

競馬人気ブログランキング、クリックお願いします。

スポンサーサイト