打倒JRA!!

競馬を独自の手法で解読。打倒JRAを目標に日々研究に勤しんでおります。

←ここにマウスを合わせると

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝塚記念 ゼンノロブロイ考察

産経スポーツ 2005年 3月26日付の記事です。

【 平成16年の年度代表馬ゼンノロブロイ、社台へ金銭譲渡 】

平成16年の年度代表馬ゼンノロブロイ(美・藤沢和、牡5)の
所有権の50%がオーナーの大迫忍氏から、
社台グループ(吉田照哉氏25%、吉田勝己氏25%)に
金銭譲渡されていることが明らかになった
金額は未公表)。

今後、白老ファーム(社台グループ)の生産馬である ゼンノロブロイは、
規定によりマル市の表記が外されることになった。

ゼンノロブロイは今季、宝塚記念(6月26日、阪神、GI、芝2200メートル)
で復帰し、その後英国のインターナショナルS(8月16日、ヨーク、GI、芝2080メートル)
に挑戦。秋は昨年同様、天皇賞(秋)、ジャパンC、有馬記念の3戦が予定されている。

社台グループが50%の権利を保有したことにより、
引退後は北海道早来町の社台スタリオンステーションで種牡馬となることが確実になった。



と言う事であるが、皆様はこのNEWS、覚えておられるだろうか!?
敢て強調すべきところは色を変えてみた。
宝塚記念を予想する上でこの出来事は無視出来ない。
と言うよりも、絶対に無視しては駄目な出来事。
この出来事から何が分かるのか、、、、、
今日はここからゼンノロブロイの考察に入ります。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念 ゼンノロブロイ考察”の続きを読む】

オグリコールが教えてくれた

JRAは何故これ程までに有名になったのか、、、、
馬主の間では、1990年、91年とJRAのイメージキャラクターを務めた
柳葉敏郎氏、賀来千賀子氏のお陰。と謳う声は多いが、、
そんなわけはない。
オグリキャップと武豊のお陰。これに異論を唱える方はいないであろう。

オグリのラストラン、有馬記念。
そこで見せた奇蹟の復活劇、、そして場内からはオグリコール。
競馬=ギャンブル のイメージから 競馬=感動(ロマン) へとJRAは巧みに世間の
意識を操った。 さすがJRAと言うべきか。
そして翌々年、JRAのイメージキャラクターに破格のギャラで高倉健氏を
起用し、競馬に対する世間のイメージはクリーンなものとなって行った。

しかしこの流れ、、、オグリのラストランである有馬記念。
そこで奇蹟の勝利がなければ、、、どうだっただろう。
たらればを述べても仕方がないが、、
オグリ復活勝利と敗戦では、雲泥の差。
これは有名な話だが、、、
オグリのラストラン有馬記念      勝ち時計 2分34秒2
同日の同距離で行われた条件戦   勝ち時計 2分33秒6

競馬は時計じゃない、そんな事は重々承知している。
しかし、、、、、
オグリのラストランは八百長である
間違いないと断言しよう。     ( 注意 ウイルスメールは勘弁して下さい )
今日はこの競走からJRAの本質を紐解いて行こうかと思います。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“オグリコールが教えてくれた”の続きを読む】

宝塚記念  ポスター編

posters.jpg

ポスターコピー ≪君こそスター馬!≫

小生、ポスターサインは専門分野ではないが、書いてみました。
とりあえず、このポスターにサインがあると考えるのならば、、
普通に考えればファン投票一位に推されたゼンノロブロイの事を示唆しているのだろう。
スターは当たり前だが人気あってこそスター。
となるとファン投票一位の馬を示唆していると考えられる。
ただこれは到って単純な考え方。

実はもう一頭思い当たる馬がいる。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“宝塚記念  ポスター編”の続きを読む】

回顧

阪神11R プロキオンS  
◎ 12 スリージェム      6着
○ 10 テイエムアクション  3着 
▲ 14 タイギャラント     7着
△ 15 サンライズキング    2着


福島11R バーデンバーデンC  
◎ 12 シルキーラグーン   1着


函館11R 新・函館市誕生記念  
◎ 02 サムソンハッピー    5着


カレンダーは今週も使用されなかった。
来週の宝塚記念、どうも14頭以上頭数が揃いそうなので何よりです。
とりあえず明日から宝塚記念の考察にうつります。
明日はゼンノロブロイ、火曜日か水曜日に今年の流れについての記事を更新します。

banner_04.gif

競馬人気ブログランキングです。ワンクリックお願いします。

6月19日  競馬考察

pic_0325s.jpg

今日は競馬場まで行って来ました。
それにしても6月にしては異様に暑いと感じるのは私だけでしょうか。

しかし今日一つ驚いたのは接触馬番が馬券によく入るな、と。
全場36R中、半分もの18Rで連番が馬券対象に。
そして買って来ました、タイギャラントからの馬単流し。そして単勝。
ただこれだけでは心許無い。当然明日買い足します。
とりあえず明日の三場メイン競走の印を。
【↓↓続きを読むにはこちらから↓↓】
【“6月19日  競馬考察”の続きを読む】
前のページ 次のページ